腰痛とアルコールの関係

「腰痛」とアルコール、一見、何の関係性もないように思えますが、実は、アルコールが「腰痛」悪化の原因となっていることもあるのです。

アルコールは適量を摂取するのであれば、ほとんど問題はありません。

でも、飲みすぎて酔ってしまうと、体のバランスが崩れるため、腰に負担をかけてしまうことがあります。

千鳥足というのがその例で、体が平衡状態を保つことができず、知らないうちに腰に負担がかかってしまうわけです。

また、アルコールを一定量以上摂取すると、筋肉が緊張状態になり、血液の流れが悪くなってしまいます。

そうすると、体全体の血流が悪くなってしまい、「腰痛」が悪化してしまうことにもなりかねません。

さらに、アルコールの過剰摂取によって内臓に大きな負担をかけてしまうと、神経を圧迫してしまうことにもつながってしまいます。

圧迫してしまうことで体の中の神経が至るところで傷ついてしまうため、「腰痛」以外の支障をきたす恐れがあるでしょう。

ですから、「腰痛」を改善するためには、あまりお酒を飲み過ぎないことが大切です。

薬剤師求人で土日休みで働けるところ