車の名義変更

名義変更は売り手と買い手の何れが行っても構わない手続きですが、非常に重要な手続きですので事前にしっかりとした取り決めをしておくことが大切です。
買い手に名義変更をしてもらう場合、売り手は委任状や譲渡証明書などには車体番号などを記入しておくようにしましょう。買い手が売り手に名義変更を依頼する場合も同様です。車体番号などが記載された委任状などは、その他の目的で使うことができなくなります。
トラブルを未然に防ぐ方法として売り手側にできることは、どちらが名義変更手続きを行うかによって異なりますが、名義変更が済むまで預かっておく一時預り金を契約条件とする、購入代金の一部を内金として支払ってもらう、委任状と印鑑証明をもう一通預かっておくなどの方法があります。買い手側にできるのは、購入代金の一部を先に支払ってキャンセルの心配を防ぐ方法があります。売り手に手続きをお願いした場合、買い手は必ず変更後の車検証記載内容の確認をしましょう。確認を怠ったが為に、後になって面倒なことになる場合もあります。
名義変更をどちらが行うかに関係なく、名義変更の書類は非常に重要な書類ですので、行政書士に頼んで作成してもらったほうが互いに余計な心配や不安を持たずに済みます。相手に迷惑を掛けることもないので、多少の出費は我慢して専門家に依頼したほうが安心して取引ができるでしょう。その他、個人売買専門の仲介業者もあり、こちらに依頼すれば面倒な名義変更手続きを請け負ってくれることもあります。中古トラック売りたい!買いたい!