腰痛とアルコールの関係

「腰痛」とアルコール、一見、何の関係性もないように思えますが、実は、アルコールが「腰痛」悪化の原因となっていることもあるのです。

アルコールは適量を摂取するのであれば、ほとんど問題はありません。

でも、飲みすぎて酔ってしまうと、体のバランスが崩れるため、腰に負担をかけてしまうことがあります。

千鳥足というのがその例で、体が平衡状態を保つことができず、知らないうちに腰に負担がかかってしまうわけです。

また、アルコールを一定量以上摂取すると、筋肉が緊張状態になり、血液の流れが悪くなってしまいます。

そうすると、体全体の血流が悪くなってしまい、「腰痛」が悪化してしまうことにもなりかねません。

さらに、アルコールの過剰摂取によって内臓に大きな負担をかけてしまうと、神経を圧迫してしまうことにもつながってしまいます。

圧迫してしまうことで体の中の神経が至るところで傷ついてしまうため、「腰痛」以外の支障をきたす恐れがあるでしょう。

ですから、「腰痛」を改善するためには、あまりお酒を飲み過ぎないことが大切です。

薬剤師求人で土日休みで働けるところ

過多生理と過少生理

「過多(かた)生理」、あるいは、「過少(かしょう)生理」という言葉を聞いた事がありますか?

これは、生理時の血の量が多かったり少なかったりする際に使われる言葉です。

けれど実際には、自分の生理時の血液の量が他の人に比べて多いのか、それとも少ないのか、判断に困る所でもありますよね。

その際には、生理期間に比例して生理時の血液の量も増える傾向がありますので、生理期間を参考にしてみましょう。

生理が持続する日数は、5~7日が正常だと言われています。

もし、それよりも長い生理期間が続くようであれば過多生理、それよりも短い生理期間が続くようであれば過少生理の可能性があるかもしれません。

また、一般的に過多生理時の血液の量は150ml以上、過少生理時の血液の量は30ml以下だと言われています。

これは、一度の生理期間で生理用ナプキンが10枚~30枚程度消費される量だと考えられますので、目安にしてみて下さい。

過多生理、または、過少生理になってしまう原因として、ホルモンのバランスが乱れていたり子宮の病気があったりする事が考えられます。

過多生理であれば、生理の際にレバー状の塊が混じる、生理痛がひどいといった症状がある場合には、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどを疑ってみる必要があります。

過少生理であれば、性ホルモン分泌不全、排卵障害、黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)などの恐れがあるでしょう。

もし、普段と異なる生理の量に気付いたら、これらの事を気に留めておいて下さい。
背中ニキビを治す

除毛剤でワキ脱毛

【ワキ脱毛】の方法の一つに、「除毛剤」があります。

タンパク質を溶かす成分が配合されたクリームやローション、ジェルなどをワキに塗り、5分から15分くらい待って、ふき取ったり洗い流すとムダ毛を除去できるというものです。

痛みを全く感じずに済みますし、手軽にワキの脱毛ができるので、「除毛剤」を使って【ワキ脱毛】する方も多いでしょう。

ただ、ムダ毛だけでなく皮膚もタンパク質ですから、「除毛剤」は皮膚にかなりの負担をかけてしまいます。

かぶれる、肌が荒れるなどの肌トラブルが起こる可能性もあるため、敏感肌の方にはオススメできません。

それに、使用前には面倒でもパッチテストを行った方がいいですね。

「除毛剤」によっても合う合わないがありますし、効果の出方にも差があるでしょう。

また、「除毛剤」はムダ毛を抜くのではなく、皮膚の表面に出ている部分を溶かして除去するので、皮膚の下の部分に残ったムダ毛が黒い点々にみえてしまうこともあります。

とはいえ、中には、カミソリで剃る以上に手軽でキレイにムダ毛処理できると愛用している方もいますから、自分に合う「除毛剤」がみつかればいい方法かもしれません。ホスピピュアの口コミは?